Bing

久ヶ原式土器2024年04月12日 00:23

久ヶ原式土器/千代田区立日比谷図書文化館

久ヶ原式土器(くがはらしきどき)は関東南部の弥生時代後期前半の土器形式である。

概要

久ヶ原式の壺型土器は、縄目の模様、磨消縄文の山形文などの幾何学模様を巡らせ、口縁部および頚部に輪積痕を残し、赤色素のベンガラが塗られているなど特徴のある土器である。 一時は弥生町式土器と時間的に平行するとの説もあったが、現状では両者は時間差と系統差があると認識されている。1から3世紀頃の南関東に広く分布する。

考察

出土

参考文献

  1. 篠原和大(1998)「弥生土器の生産と規格性:房総半島の後期弥生土器を例として」人文論集 48 (2), A51-A94

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ancient-history.asablo.jp/blog/2024/04/12/9675164/tb