Bing

下田遺跡(大阪府)2024年05月18日 00:33

下田遺跡(大阪府)(しもだいせき)は大阪府堺市に所在する弥生時代から古墳時代の集落跡である。 本稿は特に弥生時代を中心として記載する。

概要

これまでに3回、発掘調査が行われ、竪穴住居や溝・墓・自然流路などが検出され、蓋形木製品・威儀具といった木製品、多量の土師器などの土器も出土した。堺市では5例目となる銅鐸が発見された。

下田遺跡第3次調査

弥生時代中期の遺構としては、竪穴住居7棟、墓、溝などがある。竪穴住居はすべて円形で、なかには直径が約8.8メートルある大型の住居もあった。このような土壙を伴う竪穴住墓はどれも平面長方形で、木の板を組み合わせた棺を納めた木棺墓や墓坑内に2個体の土器が供献されていた。過去の調査成果をあわせると、弥生時代中期の居住域は南北200メートル以上、東西30メートル以上の南北に細長い範囲で数棟からなる小さな集落が散在していたと考えられる。存続期間は紀元前1世紀から2世紀頃の約100年間と見られる。

松菊里系住居

住居内中央には土坑をはさんで一対の柱穴を配置するスタイルの松菊里系住居があった。松菊里系住居は住居中央部に、両側に2本の柱穴が付随する穴(土壙)がある。弥生前期から中期にかけて北部九州を中心として西日本に散見され、日本と朝鮮半島との交流を示すものとされている。長瀬高浜遺跡(鳥取県湯梨浜)でも松菊里系住居はみつかっている。

銅鐸

これまで見つかった銅鐸は4つあり、いずれも石津川周辺流域からの出土とされる。これに下田遺跡「扁平鈕式袈裟襷紋銅鐸」を加えれば、5つとなる。

  1. 六区袈裟襷紋銅鐸 - 大阪府堺市妙国寺蔵
  2. 突線鈕式銅鐸 - 四ツ池遺跡から西へ1.1キロメートルの浜寺昭和町で出土。堺市博物館で常設展示
  3. 鈕式横帯流水紋銅鐸 - 和田川上流の菱木出土
  4. 外縁付銅鐸(詳細不明という) 陶器北出土

考察

銅鐸が弥生時代のムラや墓から出土するすることは珍しい。小高い丘陵の斜面に、銅鐸だけが埋められている場合が多いからである、祭祀のために使うもので、普段は埋められていて、掘り出して使うが、使わないでいるうちに忘れられていた、という可能性がありそうだ、

遺構

  • 土坑1
  • 土器棺墓1
  • 円形竪穴建物
  • 溝 掘立柱建物

遺物

  • 弥生土器
  • 古式土師器
  • 銅鐸
  • 蛸壺
  • 石器類
  • 環状土製品
  • 蛸壺
  • 石器類

指定

展示

  • 堺市博物館

アクセス

  • 名 称:下田遺跡(大阪府)
  • 所在地:大阪府堺市下田町1036-1
  • 交 通: JR津久野駅 徒歩10分程度。、

参考文献

  1. 財団法人大阪府文化財調査分析センター(1996)『下田遺跡』財団法人大阪府文化財調査分析センター調査報告書 第18集

2024年05月16日 00:20

銅鐸と鰭/大阪府弥生文化博物館

(ひれ)は銅鐸の身の両側に取り付けられた平板な突起である。

概要

魚のヒレに似ているのでこのように命名されたと思われる。 もともとは鋳型の合わせ目にしみ出た部分(甲張)であったが、それを装飾にまで発展させたものである。 梅原末治(1985)は「目につく部分に身の左右に突起して鈕に続く縁がある。これは普通に鰭と呼ばれているもの」であるとする。 鰭に半円状のものが、2個がペアになって左右で6個くっついており、その形から飾耳(かざりみみ)とよばれる。 鰭の装飾には、「鋸歯紋」つまり三角形が連なった中に斜めの線のある紋が描かれる。 吉野ヶ里遺跡出土銅鐸では鰭や鈕の外縁に「複合鋸歯文」が巡る。鰭の複合鋸歯文の一部に補刻や鋳掛用の足掛りが認められている。「複合鋸歯文」は平行斜線のある三角形の文様が鋸の歯の様に並ぶ二つの文様帯を、向かい合わせになるよう組合せた複雑な文様である。 梅ケ畑遺跡出土銅鐸では板状の装飾部の「鰭」は、三角形を斜線で充填した「鋸歯文」や、渦巻を連ねる「連続渦文」、「Ⅴ」字状の線を連続させる「綾杉文」で飾られる。

銅鐸の埋納

高塚遺跡(岡山市)では、長径73cm、短径43cm、深さ40cmの穴の中に、鰭を垂直に立てて横に寝かせて銅鐸が埋められていた。 「鰭垂直」は鰭水平に比べて安定性が悪いのであるが、あえて土坑に銅鐸を水平に寝かせ鰭を垂直に立てた状態での発掘事例が多い。

考察

朝鮮の小銅鐸には鰭がないが、倭国では最も古いものから鰭が付いている。弥生時代の美意識が倭国オリジナルの装飾を作り出したのであろう。鰭は紋様でうめられ、鰭に絵を描くことはほとんどないのは、鰭の位置が中心ではなく、幅が狭いからであろう。

参考文献

  1. 梅原末治(1985)『銅鐸の研究』木耳社
  2. 三木文夫(1983)『銅鐸』柏書房

盤龍鏡2024年05月15日 11:15

盤龍鏡/大阪府弥生博物館

盤龍鏡(ばんりゅうきょう)は鏡の中心の鈕を龍の胴体に見立て、その周りから頭や足を出した龍がとぐろを巻いている図柄を表した後漢鏡である。

概要

盤龍とはとぐろを巻いた龍という意味である。盤龍鏡は竜文を鏡の内区に施す。 主文の獣が角のある龍や角のない虎からなることから、「龍虎鏡」とも呼ばれることがある。銘文からすれば、辟邪・天禄と呼ばれる天獣である。 日本では、弥生Ⅴ期の遺跡や、前期古墳時代の古墳から出土する。

中国

古代中国では華北から東北地方にかけて分布が集中する。1世紀後半に登場し、2世紀まで存続する。

銘文

周縁は厚い平縁から断面三角形状の斜縁に変化し、並行して銘文は5句前後から次第に減少し直径は10cm以下に小型化する。銘文は「某氏作」「青盖昨」で始まるものが多い。

分類方法

上野祥史(2003)は盤竜鏡の系列に広域型と狭域型があり、広域型は龍氏系、西方青盖系、東方盖系、三羊系、尚方系があり、狭域型に三輔系、西域系があるとする。 富岡謙蔵は盤龍鏡を4タイプに分ける。

  1. 流雲紋盤龍鏡
  2. 細紋式盤龍鏡
  3. 青蓋盤龍鏡
  4. 神獣盤龍鏡 後藤守一は内区を中心とし、龍が4体あるものを4頭式盤龍鏡、2体あるものを2頭式盤龍鏡とした。

命名

富岡謙蔵は『古鏡の研究』で中国・北周庚信の詩の「盤竜明鏡」から命名し、それが定着した。

図像

龍形と虎形の区別の明瞭なものは図像表現が精緻であり、区別の不明確なものは粗雑な表現となる傾向がある。

出土例

  • 盤龍鏡 - 亀甲塚古墳、山梨県笛吹市御坂町成田、古墳時代
  • 景初四年銘盤龍鏡 - 京都府広峯15号墳出土、4世紀後半、重要文化財、
    • 兵庫県西宮市辰馬考古資料館蔵鏡と同型
  • 三角縁盤竜鏡 - 宮ノ洲古墳、山口県下松市、古墳時代・3世紀、重要文化財
  • 盤龍鏡 - 諏訪台48号墳、千葉県市原市村上・西広、古墳時代
    • 直径約12cmの円形の青銅鏡で、3世紀の前半ころ中国で造られ、日本にもたらされた。
  • 辰馬景初四年銘盤龍鏡 -持田古墳群、宮崎県児湯郡高鍋町、辰馬考古資料館

参考文献

  1. 上野祥史(2003)「盤龍鏡の諸系列」国立歴史民俗博物館研究報告 第100集
  2. 林巳奈夫(1989)『漢代の神神』臨川書店
  3. 岡村秀典(1993)「後漢鏡の編年」国立歴史民俗博物館研究報告 第55集
  4. 市原市教育委員会(2015)『天神台遺跡・市原市諏訪台古墳群』上総国分寺台遺跡調査報告XXVI
  5. 富岡謙蔵(1974)『古鏡の研究』臨川書店
  6. 後藤守一(1973)『漢式鏡』雄山閣
  7. 福宿孝夫(1991)『日本出土「魏紀年」四鏡の銘文と字体』書学書道史研究 1991 (1),pp.16-29

韓半島南部の倭(その2)2024年05月15日 00:04

出典:韓国教員大学歴史教育科, 吉田光男(訳)『韓国歴史地図』平凡社

韓半島南部の倭(その2)(かんはんとうなんぶのわ)は3世紀の朝鮮半島南部に倭があったという説の疑問点その2である。

問題提起

古代(3世紀)の韓半島に倭の領域があったとする説が出されている。倭の領域があったということは倭人が大量に住んでいたということでなければ、意味をなさない。仮にそこに10人程度が住んでいたとしても、倭という領域があったとは言えない。 1000人以上、あるいは1万人という規模でなければ、「倭の領域があった」とはいえないであろう。では、そういえるだけの証拠はあるのだろうか。

仮説の提示

古代(3世紀)の韓半島に倭人が1000人以上居住しており、一定の政治力があった。

仮説への反論

上記仮説は検証されていないが、これに対して有力な反論がいくつか考えられる。これらをすべて明快にクリアしなければ、仮説は採用されない。

'(1)なぜ『魏志倭人伝』はスルーしているのか。'

古代(3世紀)の韓半島に倭の領域があったなら、『魏志倭人伝』はなぜ対馬から始まるのだろうかという疑問がある。韓半島に倭人が大量に住んでいたなら、そこから記述を始めるはずだが、『魏志倭人伝』は何も書かず完全にスルーしている。 つまり、韓半島に倭の領域がなかったから書かなかったと推察できる。

(2)場所はどこなのか

倭の領域があったというなら、いったいどこがそうだというのか。 「倭の領域があった」と主張する論者は、そこを曖昧にして皆逃げている。 場所を探るため『魏志倭人伝』記載の「倭と接する」と書かれるところを検証すると、 『魏志韓伝』の弁辰条に「弁辰、與辰韓雜居。其瀆盧國、與倭接界」と書かれる。すなわち弁辰の瀆盧が倭と境を接するとの記述がめにつく。また「南は倭と接す」と合わせれば、瀆盧の南に倭の領域があったと解釈できる。 弁辰は12国と12の諸小別邑があると書かれる。すなわち有已柢國、不斯國、弁辰彌離彌凍國、弁辰接塗國、勤耆國、難彌離彌凍國、弁辰古資彌凍國、弁辰古淳是國、冉奚國、弁辰半路國、弁樂奴國、軍彌國、弁軍彌國、弁辰彌烏邪馬國、如湛國、弁辰甘路國、戸路國、州鮮國、馬延國、弁辰狗邪國、弁辰走漕馬國、弁辰安邪國、馬延國、弁辰瀆盧國、斯盧國、優由國の24ヵ国である。 それでは、瀆盧國とはどこかといえば、図1の『韓国古代地図』が参考となる。 瀆盧は現在の釜山あたりである。もちろん付近に「倭」は書かれない。 瀆盧の西は弁辰狗邪國(狗邪韓国)すなわち後の金官国である。 東は新羅なので斯盧國である。『魏志韓伝』に「南は倭と接する」とあるが、瀆盧國の南は海であり、対岸には倭の対馬がある。つまり、接する相手は対馬であるとしか思えない。

(3)「接する」という意味

『魏志韓伝』に「南は倭と接する」と書かれており、これを韓半島に倭地があった証拠と考える向きもある。しかしこの「接する」の意味は間に別の国がないという意味である。つまり「韓」と「倭」の間には(狭い海峡を挟んでいるだけで)「他の国」 が挟まっていないという意味である。「陸続き」とは書かれていない。 「接する」の事例では「魏志」に国と国の間に山があっても、「接する」という用語が使用されている例がある。 たとえば、『魏志高句麗伝』に「東沃沮、在高句麗蓋馬大山之東、濱大海而居。其地形東北狹、西南長、可千里。北與挹婁夫餘、南與濊貊接。」と書かれている。 ここでは、「高句麗」は「東沃沮」と接していると書かれるが、実際は蓋馬大山(長白山脈)があるため、平地での地続きではない。1000mから2000m級の山である。 高い山を挟んで(容易に行けないところを)「接する」と表現するなら、海を挟んでも「接する」と表現することは十分ありえる。

(4)考古学的証拠はあるか

半島南部に「倭」の集団がいたとするなら、それなりの考古学的証拠がなければならないが、そのような証拠は見当たらない。散発的に、倭の文物がでるといっても、それだけでは証拠にはならない。倭の文物は持ち運びができるからであり、韓人が倭に行って持ち帰ったことも考えられる。考古学的証拠とは、倭式の多数の人数の住居跡(唐古・鍵遺跡のような)や大量に倭の縄文土器や倭式の弥生土器が出るとか、そのような証拠である。

  • 参考
  • 「半島南部の倭」も参照されたい。

参考文献

  1. 井上秀雄(2004)『古代朝鮮』講談社
  2. 山尾幸久(1986)『新版 魏志倭人伝』講談社
  3. 佐藤信編(2023)『古代史講義 海外交流編』
  4. 藤堂明保・竹田晃他(2017)『倭国伝』講談社
  5. 石原道博(1985)『新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝』岩波書店
  6. 韓国教員大学歴史教育科, 吉田光男訳(2006)『韓国歴史地図』平凡社

卜甲2024年05月14日 15:15

卜甲(ぼくこう)は古代に卜占に使われた亀の甲である。

概要

弥生時代、古墳時代、奈良時代にかけて大陸より卜占が伝播し、当時の社会に受け入れられた。ト甲は現時点で古墳時代後期に出土例が知られる。神事で利用された。 海亀の甲羅を利用し、ははか木、燃え木を当てて焼き、その亀の甲羅の割れ目により卜占する。 伴信友(1858)は朝廷では卜部という職制を定めて、神祇官に仕えたが、早い段階で鹿の肩骨を亀甲に代えて用いるようになったと説く。

間口洞窟遺跡

アカウミガメの甲羅を厚さ0.3-0.4cm の板状に削り,甲羅の庁側の面に長方形の小穴をほり、その中に十字形の灯痕を付けたものが出土した。第1次ならびに第2 次発掘調査の結果として,古墳時代に属する灼甲の存在と,本洞窟遺跡の年代が,いままで考えられていたよりも1時期古く,弥生時代中期までさかのぼることが明らかになったとする。 4 号墳墓宮土上面から出土した灼甲は鬼高期に属する可能性が高い。弥生時代後期の灼骨とは,形状ならびに系統が全く異なる卜占具でって,弥生時代後期(西暦2から3 世紀〉から少なくとも古墳時代後期(鬼高期のものとした場合は西暦6世紀〉に至る間に,新しいト占の形式が伝播したことを示すことになる。本例と最も近似した灼甲としては,対馬に現存する後世の数例がある。

Wikipedia

Wikipedia日本語版は「卜骨・卜甲」と両者を一緒に解説しているが、違うものなので、両者で別々の解説が望ましい。説明を混ぜているので、どの遺跡からどちらが検出されたのか、分かりにくいし、間違いの元である。

出土

  • 卜甲 秦咸陽城遺跡、中華人民共和国 陝西省咸陽市西咸新区空港新城岩村、戦国時代末期
  • 卜甲 鉈切洞穴遺跡、千葉県館山市、
  • 卜甲 間口洞窟遺跡、神奈川県三浦市、古墳時代前期
  • 卜甲 多留遺跡、長崎県対馬、時期不明

参考文献

  1. 伴信友(1858)『正卜考 3巻』須原屋茂兵衛、安政5年
  2. 神沢勇一()「日本における骨卜、甲卜に関する二、三の考察」
  3. 神奈川県立博物館(1973)「間口洞窟遺跡」神奈川県立博物館発掘調査報告書第7号

吹上遺跡(大分県)2024年05月13日 00:25

吹上遺跡(大分県)(ふきあげいせき)は大分県日田市に所在する弥生時代中期の遺跡である。

概要

大分県の筑後川の中流域を流れる盆地に日田市があり、市内北部の台地に吹上遺跡がある。 1995年度の調査で、弥生時代の有力者の墓とされる甕棺墓7基、木棺墓3基が見つかった。副葬品からは、銅剣や銅戈などの武器類、貝輪、勾玉などの装飾品、ヒスイ製勾玉や県内唯一の銅鐸形土製品・石製品や銅戈形土製品が多数出土し、そのうち577点が2010年に重要文化財に指定された。弥生時代の葬送儀礼の実態を知る上で欠かせない重要な資料となる。 甕棺墓8基と木棺墓3基で構成される。甕棺墓は成人用甕棺墓4と小児用甕棺墓4である。 大分県内を代表する弥生時代の遺跡とされた。

4号甕棺墓

中でも注目されるのが4号甕棺墓である。2個の甕棺を使って遺体埋葬室とし、その外側に甕1個を覆い被せ副葬室とする。朱が散布された棺内には、ゴホウラ貝の腕輪を右手に装着した熟年男性の棺からは勾玉や管玉などの装身具が出土した。副葬室からは鉄剣と銅戈が出土した。

5号甕棺墓

4号甕棺と隣り合わせになる5号甕棺からは両腕に計17個のイモガイの腕輪を熟年女性の人骨に着装して出土した。いずれも着装状態で発見された珍しい事例である。

1号木棺墓

副葬例としては珍しく、銅剣の剣身と把頭飾が出土した。

石包丁

弥生時代全時期にわたり石包丁が分布しており,現在までに300点を越える石包丁が採集されている。それらのうち60%から70%迄が,福岡県飯塚市立岩から算出する輝緑凝灰岩であり外湾刃半月形や,杏仁形の石包丁が多いが、直線刃半月形や,方形のものは採取されていない。中期の杏仁形石包丁は器肉が厚く,特に器身中央が厚く作られ機能的面の強化がみられる。大分県において日田地方(特に吹上)ほど石包丁の両が豊富な遺跡はなく,大野川流域に於いては1遺跡1点程度の割合でしか出土しない。日田盆地における中心的村落(母村)として長期間続いたことが想定される。

遺構

  • 方形竪穴建物2
  • 土坑
  • 柱穴
  • 甕棺墓 8
  • 木棺墓 3
  • 土壙墓
  • 石蓋土壙墓1
  • 竪穴建物
  • 掘立柱建物
  • 大溝
  • 袋状貯蔵穴 3
  • 竪穴建物1
  • 甕棺石棺用墓1

遺物

  • 弥生土器
  • 石器
  • 土製品
  • 打製石斧
  • 石庖丁
  • 銅剣
  • 銅戈
  • 管玉
  • 腕輪 貝輪 イモガイ、ゴホウラ貝

指定

  • 2010年06月29日 国指定 重要文化財(美術品)
  • 平成8年3月29日 大分県の史跡

展示

  • 日田市埋蔵文化財センター

アクセス

  • 名 称:吹上遺跡
  • 所在地:大分県日田市大字小迫193-2
  • 交 通: 九州旅客鉄道久大本線 光岡駅 徒歩37分

参考文献

  1. 日田市教育庁文化財保護課(2014)『日田市埋蔵文化財調査報告書/市内遺跡発掘調査報告書112/13:吹上VI』日田市教育委員会

松本清張記念シンポジウム2024年05月12日 00:06

松本清張記念シンポジウム(まつもとせいちょうきねん)は令和3年10月10日に松本清張記念館で開催された「東アジアの中の邪馬台国」をテーマとするシンポジウムである。

その中から倉本一宏(国際日本文化研究センター教授)氏の講演の概要を示す。 動画はインターネット公開されているので、そこから要点を採録したが、詳しくは動画を視聴されたい。

概要(講演要旨)

魏との外交関係だけが着目されているが、当時は呉との外交関係はあったはずだが、呉が滅びたため史料が捨てられてしまっている。現在では分からなくなっており、幻の「呉志倭人伝」となった。 纏向遺跡は初代の王宮であったことは確実である。中に運河が通っており、伊勢湾、瀬戸内海とつながる。運河から川を通り、瀬戸内海から中国までそのまま行ける。 史料では邪馬台国は環濠集落に見えるが、纏向遺跡は環濠集落ではなさそうである。 纏向遺跡は突然登場して、100年繁栄して突然なくなる。村落ではない。 纏向遺跡のサイズは1辺1.5kmから2kmであり、弥生時代としては大きい。 鋤がでるので、土木工事をしていたと分かる。箸墓古墳と同じ形で規模の小さい古墳が全国から多数出ている。おそらく王権が、設計図を示し、作らせたのではないか。 各地から纏向遺跡に人が来ている。 しかし私(倉本)は、邪馬台国は九州にあったと考えている。 卑弥呼に権力はあったのか。聖権力(卑弥呼)と俗権力(男弟)はよくあるパターンである。 伊都国が俗権力を担っていたのではないか。宗教的権力をかついでいる。 幕末の天皇と将軍(大君)の関係に似ている。 帯方郡から邪馬台国までの旅程のうち、水行10日、陸行1月は、帯方郡から邪馬台国までの工程とみる。伊都国の南1000里の場所であるから個人的には、八女に注目している。 北部九州が大和王権に完全に服属したのは磐井の乱からである。 磐井ははもともと独立政権であり、独自の外交をしていた。 日本書紀に磐井は反逆者と書かれるが、実態は倭王権とは異なる独自政権である。倭王権は百済と同盟を結んだが、磐井は新羅と結んでいた。磐井の墓の岩戸山古墳は前方後円墳であるが、継体大王の古墳より小さい。 九州では地下で装飾古墳を作り大和政権に無言の抵抗をする。

「ヒメヒコ制」

佐喜真興英(1926)は「古琉球の女人政治と同型の女人政治が古代日本社会でも行われていた」とみる。鳥越憲三郎(2020)は「第一次主権者として祭事権をもつ女王(姉)と第二次主権者としての政治権・軍事権をもつ男王(弟)となる祭政二重主権」であったとする(p.68)。

考察

  • 「水行10日、陸行1月」を帯方郡から邪馬台国までの行程とするのは新しい解釈であるが、いささか無理があるのではないか。原文を素直に読めば、投馬国から邪馬台国までを水行10日、陸行1月と書かれていると読める。これは一般的な解釈である。
  • 卑弥呼は聖権力を代表し、男弟は俗権力を代表するという解釈はそれまでにもある「ヒメヒコ制」である。卑弥呼は男弟以外には誰にも面会しないとすれば、実質の権力は男弟にあったと解釈できる。高群逸枝は『母系制の研究』(1938年)で提唱した仮説は祭祀的・農耕従事的・女性集団の長のヒメと軍事・戦闘従事の長のヒコとで分業に統治していたとする。
  • 倉本一宏氏が一部だけ「放射説」を採用するのは賛同できない。投馬国に行くだけでも水行20日を要するので、帯方郡から邪馬台国までの旅程が「水行10日+陸行1ヵ月」にはならないと考える。
  • 北部九州が大和王権に完全に服属したのは磐井の乱以後とするのは、妥当性がある。反逆者とするのは勝者の言い分である。

イベント概要

  • 名 称:松本清張記念シンポジウム
  • 開 催:令和3年10月10日 14:00-16:30
  • 会 場:北九州市立 松本清張記念館
  • 第一部記念講演:倉本一宏
  • 第二部:パネリスト
  • 倉本一宏(国際日本文化研究センター教授)
  • 片岡宏二(小郡市埋蔵文化財調査センター所長)
  • 北橋健治(北九州市長)
  • コーディネーター:久米雅雄(大阪芸術大学客員教授)

参考文献

  1. 佐喜真興英(1926)『女人政治考 : 人類原始規範の研究』岡書院
  2. 北九州市立松本清張記念館編(2022)『松本清張研究 第23号 特集清張と東アジア 2』北九州市立松本清張記念館
  3. 鳥越憲三郎(2020)『倭人・倭国伝全釈』KADOKAWA
  4. 高群逸枝(1979)『母系制の研究』講談社